2007年 03月 21日
製薬ケミさん達の死活問題
a0092768_1524345.jpg以前の記事で紹介した
BOT露店主からの買取要請お断り!のkemkemさん。

氏のブログの記事、およびコメント欄の内容に
感じるところがあったので紹介させていただきます。

受け止め方は人それぞれだと思いますが、
製薬(製造)をしている人たちのジレンマみたいなものがよくわかります。
(一般露店の材料アイテム供給不足→結果、BOT露店に頼る・・・みたいな。)

私もそういった現状は、ある程度理解していますし、
BOT露店から材料を購入する製造主を責める気はありません。

実質、管理会社の管理が無い(のと同じレベル)現状で、
そのジレンマを解消する方法はあまり多くありません。

生産者・購買者のモラルを向上させるか、
生産者・購買者が協力してクリーンなアイテムを作る体制を整えるか。

私が思いつくのはそれくらいです・・・。

3/20 最近製薬露店が増えてそれに伴い材料相場の低下が起きてるんですけど

生産層も購買層も、大多数の人が、BOT無しで現状を維持できるなら、多少の痛みは別に構わないよ、という人ばかりだと思うんです。でも実際にはシステム的にも思想的にもそういった行動でやりにくい。BOTに有利な面ばっかりなんです。


製造者に対してはこう意見されています。
ボトルに関して言えば、材料の値やボトルの値に、BOT産でなければBOT産の物より高い価値を認めるべきだと思うんです。(とりあえず今のBOT準拠の材料相場は普通に想定される相場とはあまりにかけ離れていると思います!)加えてBOT産のアイテムの氾濫を止めるために、積極的に材料集めを行ってもらうこと、少しでも全体から見たBOT産アイテムの割合を減らすこと。
続けて、無理な価格競争に加わらないこと。加わると、結局行き着く先はBOT産材料準拠の相場です。自分のボトルの価値をBOTと同列に扱うなんてバカバカしい。また、薄利多売に加わるとどうしても数の産出が多いほうが有利なので、BOTに勝てるはずもありません。初めから負け戦です。


購買層に対してはこう意見されています。
購買層にしても、そのBOT材料を使っていないという価値を認めてほしい。できることなら使用を控えろとは言わないので、少し高くてもより信頼できるボトルを選んでほしい。

一般の人は、とにかく需要に少しでも応えられるように、BOTがたくさんいる狩場に赴いて材料を集めてほしい(随分酷な要求だと思います)一般の人が集めた材料が出回れば出回るほどBOT産のアイテムの割合は減っていく(はず)なので、それでもBOTには痛手なはず(きっと)


さらにコメント欄には、
Tiametで製薬をされている(大手っぽい人の名も?)数名の方の書き込みが続きます。
みなさん、最近のBOT大繁殖に相当悩まされている様子。
こういった形で、建設的な?意見や意思表明をされるのを見ると、
Tiametも捨てたもんじゃないなぁ~って思います。


kemkemさんがおっしゃられているような事。
実現は難しいかもしれません。
(おそらくkemkemさんはそれをよくお分かりなんだと思います・・・。)


でも、理想は理想として高く掲げましょ!(笑)

原材料調達者(生産者)組合みたいなのを作れたら、いいのにね。
そこに登録されている人からの材料はクリーン!とか。
製造主は、調達者名簿を確認し、そこに名前が載っていたら買うとか。
(言いだしっぺがやれ!とか言わないで><)

こうなってくると、なんだかまるで現実世界の農協なんかと同じ様相です。


正直、そこまでやれる行動力も、時間も無いものですから、
私には無理ですけど、あくまで一意見として載せておきます。
[PR]

# by exTiabot | 2007-03-21 15:34 | □ ひとりごと
2007年 03月 19日
BOT露店リストの作成&公開の手間をライトに
とは言っても、ちょっと今のところ時間が無いのですが^^;


こんなのあります。
Google Docs & Spredsheets :http://docs.google.com/

サンプル

まだBETAなのですが、Web上で編集&公開ができる
劣化Excelです。
RSS機能もついていて、あら便利。


画像じゃないので、IDとかもテキストコピー可能で
きゃらくえ検索にも、あら便利。


Excelのデータを画像でUpされている方々、
お使いになられてみてはいかがでしょうか?



・・などと自分のツール作成が全く進んでいないので
こんな情報提供でお茶を濁す私であります。


ようやく納期が明けたので4月以降は作れる・・・んじゃないかなぁ。(苦笑)


久しぶりに街中をじっくり観察しましたが

a0092768_21582387.jpg



・・・シーン・・・


キモイ。
[PR]

# by extiabot | 2007-03-19 19:29
2007年 03月 08日
茎集め商人 復活です。
不正対策が巻き戻ったからなのか、
どういうわけなのか、
ここ1ヶ月ほど姿を見なかった茎集め商人4兄弟が復活しました。

昔の記事も参考までにどうぞ。
増殖!鵜飼露店。http://tiametbot.exblog.jp/4739577

 ヤスくん Ria.  ゼロス  ::祥::

祥は見てませんけど多分いると思う。

a0092768_0203824.jpg


「加工したSSは参考になりにくい」とかガンホーが回答したとかしないとか、
そんな話もあったので、ここのところ通報する気力が出ませんでした。

でもサポートセンターの対応変更で、
通報したキャラクター数とそのうちのBAN数の連絡が来るようになったので
ためしにこの4兄弟を通報してみる事にしました。

って、この4兄弟の通報はずっと昔にも一度してるのですがね。

商人自体も自動操作ですし、これでBANされなかったら
ガンホーの不正対策の何を信じていいのか分かりません。

この4兄弟の正確なお名前は以下の通りです。
みなさんもお時間があるようでしたら通報してみてくだされ。

ID:2615260 ゼ<<#0x1f>>ロス
ID:2760298 Ria.
ID:2658010 :<<#0x1f>>: 祥 ::
ID:2760376 ヤスくん

 == 私の通報文 ==
※これらキャラクターは特殊コードが含まれています。

報告したいキャラクターは以下の4名です。

 ID:2615260 ゼ<<#0x1f>>ロス
 ID:2760298 Ria.
 ID:2658010 :<<#0x1f>>: 祥 ::
 ID:2760376 ヤスくん

・主にprt_fild02(迷いの森)に多数いるBOTと取引を行っています。

・BOTが、これらキャラクターに入れ替わり近づいて取引をいます。
 時によっては複数BOTが取引待ち行列ができることがあり、非常に目立ちます。
・取引が終了すると数秒で露店を開設します。
・定期的にprontera道具屋などを周回し再び露店を開設します。
・これら商人キャラおよび、このキャラクターと取引を行っている
 キャラクター全て自動操作を行っているようにしか見えません。

===

 ちょっと私情入れすぎた(笑)


[PR]

# by exTiabot | 2007-03-08 00:32 | □ 観察:BOT露店
2007年 03月 03日
3月半ばまで必死狩り。
メインキャラの発光が目前に迫ってきたので追い込みが忙しく、
お仕事のほうも若干忙しく、更新が滞っております。

一応、BOT露店検索ができるような準備は進めてるんですが、
具体的にコードは一行も書けてないという。

準備はしたの!
準備は!!(笑)


というわけで、多分3月半ば過ぎくらいまでは更新が滞ります。
常時、不買運動は行っております&続けます。



不買運動がみんなの心に広まりますように!
[PR]

# by exTiabot | 2007-03-03 19:32 | □ ひとりごと
2007年 02月 22日
パチンコ・パチスロ
わたくし、

たしなむ程度ですが、

パチンコ・パチスロをお店に行ってやる人なので、

ガンホーゲームズのパチンコ・パチスロを試しにやってみました。






あ、あの・・・・
これは子供にやらせたくない感じなのですががが。



18歳以上じゃないとは入れない
パチンコ・パチスロ屋の雰囲気をそのまま再現しています。

なんと台ごとのデータロボまでご丁寧にありやがる始末。
なんていうか・・・ギリギリアウトなんじゃ。

PTAが黙ってませんわよ!!!




そしてさすがガンホークオリティー。
パチンコのとある台が、そのまんま「海物語」のパクリですた。

音楽
ダブルリーチ演出
魚群
サンゴ礁

そしてパクッた上にデキが悪いときたwwwwww


こっ・・・これは・・・・っっっwww
[PR]

# by exTiabot | 2007-02-22 00:07 | □ ひとりごと


    


このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
(c)2006 Gravity Corp. & Lee Myoungjin(studio DTDS). All Rights Reserved. (c)2006 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。

[PR] IR